「ウォレットの選び方」をお勉強。

記事一覧はこちら

 仮想通貨の始め方

コインはウォレットで管理

ウォレットの選び方

仮想通貨のウォレットには大きく分けて4種類のものがあります。ウェブウォレットローカルウォレットハードウェアウォレットペーパーウォレットです。それぞれ仮想通貨のアドレスと秘密鍵を「どこに保管するか」が違います。
でも一体どのウォレットを選べばいいのか分からない、という人も多いでしょう。そんな人は「安全性」「利便性」「コスト」の3点から考えるといいと思います。この中で自分が何を優先したいのかによって変わってきます。

まず「安全性」ですが、仮想通貨において安全性は一番重要なものだと思います。大切な資産ですから、ハッキングされたりウイルス感染したりすることは絶対に避けたいですよね。
それらネット上のリスクを手っ取り早く避けるなら、ネットに繋がっていないハードウェアウォレットかペーパーウォレットという選択になるでしょう。でもこちらも紛失や故障のリスクがあるので自分できちんと管理をしながら保管する必要があります。

「利便性」を考えればウェブウォレットかハードウェアウォレットがいいと思います。どちらとも様々なデバイスにつないで利用ができるからです。ウェブウォレットは取引所との連携が強い点も魅力です。
ローカルウォレットもネット上にあるので取引所との連携は強いですが、ダウンロードに時間がかかるし容量も必要なので利便性においては少し劣ります。ペーパーウォレットは、残高を確認するときや印刷するときに手間がかかってしまいます。

「コスト」面では圧倒的にハードウェアウォレットが劣ります。ハードウェア端末の購入に1万〜2万円ほどかかるからです。一度買っても壊れたり紛失したりしたら、また新たに購入しなければなりません。
その他のウォレットについてはコストはほぼかからないと考えていいでしょう。ただ唯一ペーパーウォレットは、印刷する紙を上質なものにしたりと管理面で少しコストがかかってくるかもしれません。

以上の基準の中から、自分がどれを優先したいかでウォレットを選んでみましょう。安全性はもちろん誰にだって必要なものですが、それだけで安易に選んでしまうと使いにくかったりする可能性もあります。
大事なのは、自分が仮想通貨とどのように付き合っていくかまで考えて選ぶことです。