「ウォレットの種類」をお勉強。

記事一覧はこちら

 仮想通貨の始め方

コインはウォレットで管理

ウォレットの種類

仮想通貨を買ったら取引所にずっと置いておくのではなく、ウォレットに移すのが基本です。
ウォレットとは英語で財布の意味ですが、現金を財布に入れて保管するのと同じように、仮想通貨はウォレットに入れるようにしましょう。仮想通貨には管理者がいないので、自分のものは自分で管理するという考え方が必要です。

取引所はインターネット上にあるため、仮想通貨を置きっぱなしにしているとウイルスやハッカーによって資産がゼロになってしまう危険性があります。そればかりか、コインチェックの騒動があったように、ある日突然取引所が破綻してコインがなくなってしまうかもしれません。せっかく頑張ってコインを増やしても、これでは全てムダになってしまいます。このようなリスクを避けるために、仮想通貨は自分の手元で安全に保管しましょう。

ウォレットは、大きく4種類に分けることができます。それぞれの違いは何かと言うと、コインを保管する場所(端末)の違いです。保管方法によってメリット・デメリットがあるのでこの4つを紹介していきます。
ちなみにネットに繋がっているものを「ホットウォレット」ネットに繋がっていないものを「コールドウォレット」と言います。

・ウェブウォレット
名前の通りウェブ上で仮想通貨を保管するサービスです。取引所に預けておくのと何が違うのかと言うと、秘密鍵が手元にあると言う点です。取引所にも一応ウォレット機能はありますが、送金などでコインを動かす場合も秘密鍵は取引所が管理していて自分で知ることはありません。
IDとパスワードさえ覚えていれば、自分のスマホやパソコンはもちろん、会社やネットカフェなどどこからでもアクセスできるのが最大の魅力です。
しかしハッキングなどの対象になりやすいので、大金を長期間置いておくのには向いていません。

・ローカルウォレット
仮想通貨を自分のPCやスマホに保管するウォレットです。PCのものを「デスクトップウォレット」、スマホのものを「モバイルウォレット」とも呼びます。
ローカルとは、ネットに繋がっていない状態のことです。ローカル環境で保管しておいて、利用したい時だけネットに繋げばすぐに利用できるので、利便性と安全性の両方をバランス良く持っていると言えます。
ただし、自分のPCやスマホに保管するので、壊れたり失くしたりした場合は操作ができなくなります。バックアップ設定をしっかりするようにしましょう。

・ハードウェアウォレット
USBなどの専用端末にコインを保管する方法で、ネットに接続していないコールドウォレットです。初期設定や送金などの操作をするときだけしかネットに接続しないので安全性がメリットです。
デメリットとしては専用端末の購入費用(2万円前後)がかかることです。専用端末が壊れてしまっても、新しく購入した端末にバックアップフレーズを入れればデータの復元は可能です。

・ペーパーウォレット
仮想通貨を管理するデータを紙に印刷して保管する方法で、コールドウォレットの一種です。ペーパーウォレットを発行するサイトでアドレスや秘密鍵を発行したら、印刷やメモなどをして保管します。完全なローカル環境で管理できるのでハッキングなどのセキュリティは最高レベルです。
しかし保管方法が「」なので、紙自体を失くしたり、火事で燃えたり、インクが擦れたりする危険性についても考えておく必要があります。