「仮想通貨市場は今後どうなる?」をお勉強。

記事一覧はこちら

 初心者向け・仮想通貨の基礎知識

仮想通貨って得するの?

仮想通貨市場は今後どうなる?

2017年は仮想通貨元年と言われ、ものすごい勢いで市場規模が拡大した年でした。仮想通貨で莫大に資産を増やした人のことを『億り人』と呼んで特集したり、芸能人が仮想通貨を買ったことを公言していたりするのをテレビで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

拡大のスピードだけで言えば2017年はピークだったかもしれません。その頃に比べると2018年現在は仮想通貨の拡大スピードが落ち着いたため、このままブームとして仮想通貨自体が忘れられていくと思っている人も少なくありません。
「仮想通貨はもうオワコン」「今さら買っても儲からない」などと言われていたりします。しかし、果たして本当にそうでしょうか?

確かに仮想通貨は一時的にブームになりました。でも、ブームの頃に仮想通貨を買ったのはほとんどが投資の初心者の人たちです。投資の上級者はみんなが買っているブームの時には買わず、下火になっている安い時にこそたくさん買っておいたりするものです。
つまり、「仮想通貨はもう古い・遅い・終わった」などと言っているのは大半が投資初心者の人たちなんです。そういう人たちの言う根も葉もない噂を安易に信じるのは危険です。
正しい知識を身に付け、仮想通貨の今後の価値がどうなっていくのかを予想しましょう。

まず大ざっぱに言うと、仮想通貨は市場全体で見れば今後も成長を続けていくと考えられます。なぜならば2017年は仮想通貨市場が大きく成長した反面で、課題もたくさん出てきたのです。
例えば、仮想通貨で得た分の課税方法や、送金遅延が起きるなどの問題です。コインチェックの流出事件により厳しくなったセキュリティ問題にどう対応していくかなどもあります。
今後の仮想通貨市場はこうした課題へ対処してくことで、ますます拡大していくと予想できます。

もうひとつ仮想通貨の未来において明るい話題が、仮想通貨が世界有数の先物取引所に上場したということです。これにより、多くの投資家が仮想通貨に投資をする可能性があるため、金融商品としてもっとメジャーな存在になっていくのではないでしょうか。
現時点ではまだ、株やFXに比べれば金融商品としての規模は小さく信頼性も確立できていませんが、だからこそ今のうちに投資しておけば価値が高まって利益を得られる可能性も大いにあると言えます。

ブロックチェーンスマートコントラクトが有名ですが、それ以外にも仮想通貨の持つ独自の機能やプラットフォームには世界中が注目しています。
世間が「仮想通貨はオワコン」と言っている今だからこそ、逆に投資を続けてチャンスを窺うのも賢い選択なのではないでしょうか。