「リスクを抑えてコツコツ積立」をお勉強。

記事一覧はこちら

 初心者向け・仮想通貨の基礎知識

仮想通貨って得するの?

リスクを抑えてコツコツ積立

仮想通貨を買おうとする時、初心者が一番気になるのは今買って本当に損しないのかということだと思います。
ボラリティが激しい仮想通貨はハイリスク・ハイリターンだからこそ楽しいと言うトレーダーもいますが、初心者がそのスリルを楽しむのはまだまだ難しいでしょう。

そんな初心者でもできるだけリスクを抑えることができる買い方が「積立投資」です。積立とは、少しずつ蓄えることです。毎月少額の仮想通貨をコツコツ買い続けることで、一度の資金を少なくしてリスクを分散させることができます。
しかも500円玉貯金みたいな感じで、無理のない範囲で続けていたら気が付いた時には結構な金額になっていたりする楽しみもあります。

では実際に積立を始めてみましょう。仮想通貨の積立は1000円から始めることができます。毎月1000円なら無理なく続けられそうですし、今月はちょっと余裕があるから3000円にしてみようとか、臨機応変に変更するのもいいですね。
大切なのは無理をしないことです。大儲けしようと思うのではなく、元金より少しでも増えればいいな、ぐらいの気持ちで始めてみてください。

仮想通貨にはとても将来性があるのでたくさんの人が投資をしています。しかし、価値が上がるか下がるかは銘柄によって違ってきます。
なので、積立をするときは一つの銘柄だけでなく複数の銘柄を買ったほうがよりリスクを避けることができます。どの銘柄が上がるのかの予想をするのは難しいので、まずは自分が気になった銘柄や、人気の銘柄から始めていいと思います。
例えば3つの銘柄に積立をすることに決めたら、1000円ずつ毎月3000円でもいいですし、毎月1万円の投資しようと決めて、3つの銘柄に3000円、3000円、4000円と振り分けてもいいですね。2018年4月現在、日本の取引所で買える銘柄は24種類しかないので、お金に余裕がある人はいっそ全種類買ってみてもいいかもしれません。

自分でコツコツ積み立てるのもいいですが、更に簡単な方法が「自動積立」です。何もしなくても毎月自動的に仮想通貨を購入してくれるというもので、現在ZaifbitFlyerで利用することができます。
自動積立には「ドルコスト平均法」という買い方が使われます。簡単に言うと、安い時に多く購入し、高い時には少ししか購入しないことで、仮想通貨を買った価格の平均を下げるというものです。
このおかげで損失を少なく、利益を大きくすることができます。これを勝手にやってくれるので、毎日チャートとにらめっこする必要がなく、初心者でも始めやすいのです。

仮想通貨についてネットで検索すれば、積立でいつの間にか数万円が数百万円になっていたなんて話がたくさん出てきます。もちろん事実なのでしょうが、積立にも当然デメリットはあります。一番大きなデメリットとしては、元本割れする危険性もあるということでしょう。
ほかにも利益が出るまでに時間がかかることや、急激な儲けが期待できないことなどがあります。今から積立を始める人は、こうしたデメリットも踏まえた上で投資をするようにしましょう。
人によっては、毎月1万円を投資に使うくらいなら、銀行に貯金したほうが利子も付くし安心だと思うかもしれません。