「注目度の高いイーサリアム」をお勉強。

記事一覧はこちら

 初心者向け・仮想通貨の基礎知識

ビットコインとアルトコインの特徴

注目度の高いイーサリアム

イーサリアムとはアルトコインの一種で、時価総額はビットコインに次ぐ第2位です。1000種類以上もあると言われている仮想通貨の中でも特に人気が高く、イーサリアムを取り扱う取引所もとても多いです。単位は『ETH(イーサ)』です。
ビットコインと同様に、管理する団体は存在しません

イーサリアムがビットコインと一番違うところは『スマートコントラクト』を実現しようとする点です。スマートコントラクトとは、直訳すると賢い(=smart)契約(=contract)となります。スマートフォンのスマートと同じ意味です。では、『賢い契約』とはどのようなものなのでしょうか。

例えば物を買う時、私たちはお金と引き換えに商品を手にします。そのやり取りを人と対面してできるのなら問題はありませんが、ネットショッピングだったりはたまた家など大きな買い物の場合はそうはいきません。
買う方はお金を支払ったからと言って商品が届く保障はないし、売る方は分割払いなら全額支払ってもらえる保障もありません。なのでお互いの心配をなくすために契約書を交わします。さらにその契約書が悪用、複製、改ざんされないように「署名」「押印」「保証人」などの対策を取ります。
つまり安心して契約するためには第三者を入れたり公的な機関を必要としていました。これが今までの「普通の契約」です。

それに対してスマートコントラクト「賢い契約」では、契約書をブロックチェーンに書き込んでしまいます。ブロックチェーンには改ざんを防止する機能があり、書き込んだ時刻が記録されるので複製もできません
その結果、第三者や公的機関がなくても、本当に商品が届くかな?本当に代金を支払ってもらえるかな?という心配がなくなるのでコストをかなり低くすることができるのです。
とても簡単に言えば自動販売機のような感じです。お金がちゃんと払われていれば自動的に商品を渡すし、お金が足りなければその契約は破棄されお金が返却されます。
もちろんイーサリアムは通貨としても使えるので、支払いの記録もちゃんと残るため不正はできません。今のところ、取引量の多い仮想通貨でスマートコントラクトが使えるのはイーサリアムだけです。

もうひとつ、イーサリアムがビットコインと違う点は誰もが自由にアプリを開発できるという点です。イーサリアムを利用したプロジェクトの開発には、MicrosoftやTOYOTAなどの世界的大企業も参加しているので、今後ますますイーサリアムに注目が集まると考えられます。