「仮想通貨の代表ビットコイン」をお勉強。

記事一覧はこちら

 初心者向け・仮想通貨の基礎知識

ビットコインとアルトコインの特徴

仮想通貨の代表ビットコイン

世界で一番最初に誕生した仮想通貨がビットコインです。ビットコインは仮想通貨の代表的な存在なので、ビットコイン以外の全ての仮想通貨はアルトコインと呼んで区別されます。

2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物がインターネット上にビットコインについての論文を発表したのが始まりです。それを見て興味を持った研究者やプログラマーたちがプログラミングを行い、2009年に初めてビットコインが発行されました。
ちなみにサトシ・ナカモトは中本哲史と書くので明らかに日本人の名前ですが、どこの誰だか、はたまた個人なのかグループなのかさえ全く分かっていない謎の人物です。

ビットコインの特徴として、国や銀行などの発行元がないこと、発行量が予め決まっていること、ブロックチェーン技術によって取引の記録が残ることなどがあります。始めはこうした特徴を面白いと感じた人たちが送金したりテストを繰り返しているだけで、ビットコインそのものには何の価値もありませんでした。

あるとき一人のエンジニアが「ビットコイン1万枚とピザを交換しない?」とネット上に面白半分で持ちかけ、それを見た別のプログラマーがピザ屋に注文して家に届け、1万ビットコインと交換しました。これがビットコイン史上初の取引だと言われています。
次第に通貨として使えそうだと広がっていき、だんだん価値を持つようになってきました。
現在のレートは1BTC(=ビットコインの単位)が約80万円なので、ピザを届けたプログラマーが1万ビットコインをそのまま持っていれば約8億円もの資産になっていることになります。

ビットコインは『金(きん)』に似ていると言われています。それは、ビットコインが有限で、2100万ビットコインまでしか発行されないからです。金も地球上で有限な量しかありません。
また、ビットコインも金も、国が発行した物ではありません。さらに、どちらも見つけるのが難しくなってきています。
ビットコインを見つける作業を『マイニング』と言いますが、これは『鉱山から金を掘り出す』というところから来ているのです。

2014年にビットコイン取引所『Mt.GOX(マウントゴックス)』がサイバー攻撃により300億円分のビットコインを消失したという事件がありました。このことからビットコインは危険、怖い、怪しいなどという印象が広がってしまいました。
しかしこれは、あくまでもビットコインを扱う取引所や人間が危険なのであって、ビットコインのシステムそのものが悪いわけではありません
現にビットコインが生まれてから今まで一度も破壊されたことがありません。それぐらいすごい技術で守られているため、通貨としての価値が生まれて世界中で取引されているのです。