「仮想通貨でできること」をお勉強。

記事一覧はこちら

 初心者向け・仮想通貨の基礎知識

仮想通貨って何?

仮想通貨でできること

仮想通貨を持っていれば何ができるのでしょうか。仮想通貨が具体的に生活の中でどんなふうに役立つのかをチェックしてみましょう。

・買い物
まず、仮想通貨は通貨なので、最も主要な使い方は買い物をするということになります。現金やクレジットカードのように仮想通貨で支払いをするという使い方です。
まだ仮想通貨での支払いができる店はそれほど多くはありませんが、少しずつ確実に増えています。両替が不要なことから、外国人観光客が多く訪れる店などでは導入が早いようです。

・送金
例えば離れた場所にいる家族にお金を送りたい場合、今までは銀行から相手の口座を指定して送金していたと思います。
振り込みで買い物や寄付をするときなどもこの方法をとっていたわけですが、銀行での送金には手数料がかかるのがデメリットでした。1回の送金で手数料は数百円です。海外への送金なら数千円になることもあります。
しかし仮想通貨で送金をすれば手数料はほとんどかかりません。頻繁に振り込みを利用する企業などにとっては大幅なコストダウンになります。

・投資
仮想通貨は円やドルと同じく通貨なのでレートが存在します。つまり、価値が日々変動しているので、安い時に買い、高い時に売れば差額で儲けを得ることができるのです。
ただ、仮想通貨の価値はまだ安定していないため、急に上がったり下がったりすることがあります。投資家の中にはこうした大きな変動率を楽しむために、好んで仮想通貨での投資をしている人もいるぐらいです。

・貯蔵
日本人の多くの人は貯蓄といえば日本円を銀行に預けていると思います。しかし預けている銀行がもし破綻してしまったらお金は戻ってこない可能性が高く、全く危険性がないとは言い切れません。
仮想通貨は2017年に仮想通貨法が施行され、国も認める通貨となりました。危険性が全くないわけではありませんが、国による差がなく充分な安全性も立証されています。
今後は資産を仮想通貨に分散して貯蔵をする人も増えてくることでしょう。