「そもそも仮想通貨って何?」をお勉強。

記事一覧はこちら

 初心者向け・仮想通貨の基礎知識

仮想通貨って何?

そもそも仮想通貨って何?

最近急に耳にすることが多くなった『仮想通貨』という言葉。あなたは仮想通貨についてどれくらい知っていますか?
なんとなく理解しているという人も、全く分からないという人も、これから一緒に正しい知識を身につけていきましょう。

まず最初に、仮想通貨というのは物理的には存在しない通貨です。ネット上のデータとしてのみ存在するので、実際に手で触ったりすることはできません。
みなさんの身近にあるもので例えるなら、楽天ポイントやTSUTAYAのTポイントのような感じです。これらは存在はしているけど実際に100ポイントを手で持つことはできませんよね。

仮想通貨の種類は現在1000種類以上もあると言われていますが、中でも代表的なのはビットコインイーサリアムリップルなどです。既に実際の通貨である円やドルやユーロなどの種類の数を超えています。
仮想通貨という考え方が提唱されたのが2008年なので、ものすごく急成長していることが分かると思います。しかも、円やドルやユーロと違って、仮想通貨は両替不要で世界中で使えます。なぜならば、実際の通貨のように国や中央銀行などが発行している物ではないからです。

では、一体誰が仮想通貨を発行・管理しているのかと言うと、答えは『世界中のみんな』です。このシステムを『ブロックチェーン技術』と言います。
ここでは詳しい解説は省きますが、仮想通貨はこのブロックチェーン技術により、取引の記録が全世界に公開されて世界中の人たちから信用を得ています。

価値を生むためには信用が必要ですが、ブロックチェーン技術の信用によって仮想通貨に価値が生まれました。例えば、国や中央銀行が発行したお金には絶対的な信用があるため価値が生まれます。1万円札はただの紙ですが『国が発行している』という事実により1万円の価値を持ちます。

なんだか小難しい話になってしまいましたが、簡単に言うと『仮想通貨は怪しくない!』ということです。“仮想”という言葉のイメージから実体のないふわふわした物のように思われがちですが、ちゃんと価値と信用がある通貨なのです。ブロックチェーン技術により、不正やハッキングなどもできない仕組みになっています。

ブロックチェーン技術がどれほどすごいものなのかと言うと、『インターネット以来の発明』と言われているぐらいです。インターネットだって最初はみんな、どう使えばいいのかよく分かりませんでした。しかし今やインターネットのない生活なんて考えられないほどにまで私たちに密着した便利なものになりました。
それほどの革新的な技術で支えられているのが仮想通貨なのです。これから先もっともっと普及していくことでしょう。