「セキュリティは自己責任」をお勉強。

記事一覧はこちら

 仮想通貨の始め方

仮想通貨の注意点

セキュリティは自己責任

仮想通貨の管理はすべて自己責任です。銀行のように管理して守ってくれる存在はありません。
自己責任と聞くと怖いように感じるかもしれませんが、良く言えば誰にも管理されない自分だけの物ということです。国の資金が足りなくて国民の貯金から徴収した国がありますが、もし日本が同じようなことになったとしても仮想通貨なら無事です。

仮想通貨を安全に管理するためにやっておきたい最低限のセキュリティを紹介します。
まず最初に、取引所でコインを買う前に2段階認証の設定をしましょう。2段階認証とは、PCとスマホなど2つの端末で認証をしなければログインできないようにすることです。
2段階認証をしておけば、仮にIDとパスワードが盗まれてしまっても端末のどちらかが自分の手元にある限りは第三者のログインはできません

取引所はメインで使うところとサブで使うところで、予め2つ以上登録しましょう。もし1つの取引所だけを利用していると、その取引所に何かあったときに仮想通貨の売買ができなくなってしまいます。
そこで他の取引所のアカウントを作ろうにも登録完了するまでには数日はかかるので、いざ売りたいと思ったときにスピーディな対応ができません。

仮想通貨を管理する際に、他人には絶対に知られてはいけないのが『秘密鍵』と『復元用パスフレーズ』です。銀行の預金口座に例えるなら秘密鍵とは暗証番号のようなもので、復元用パスフレーズとはキャッシュカードと暗証番号を複製できる魔法の暗号です。
これらは仮想通貨を守るとっても大切なものなので、オンライン上に上げたりメモした紙を失くしたりしないように充分注意しなければいけません。

取引所は銀行と違って、仮想通貨を預かってくれるところではありません。仮想通貨は取引所にずっと置いておくのではなく、ウォレットに入れて管理します。ウォレットを直訳するとお財布という意味ですが、イメージ的には鍵付きの金庫に保管する感じです。
オンラインで管理するホットウォレットとオフラインで管理するコールドウォレットがありますが、ハッキングなどの心配のないコールドウォレットのほうが推奨されています。また、コールドウォレットの中にも紙で管理するペーパーウォレットとハードウェアで管理するハードウェアウォレットがあります。
鍵付きの金庫(ウォレット)にコインをしまったら、開ける時には先ほどの『秘密鍵』が必要です。

仮想通貨を盗まれたり、パスフレーズや秘密鍵を忘れてウォレットの中のコインが使えなくなったりする事態を避けるためにセキュリティの知識をしっかりとつけましょう。
ここに書いたのは最低限やっておくべきことなので、このほかにも自分で取り入れたほうがいいと思ったことはどんどん取り入れて、仮想通貨を安全に管理してください。