「ブロックチェーンでできること」をお勉強。

記事一覧はこちら

 初心者向け・仮想通貨の基礎知識

初心者でも分かるブロックチェーン

ブロックチェーンでできること

ブロックチェーンは「記録を残す」ことに特化した技術です。私たちの生活の中で最も記録を残す必要があるときと言えば、何かお金のやり取りをしたときだと思います。誰しもお金は大切なものなので、どういう経路で動いたのかをあとから何度でも確認できるように正確に残しておきたいからです。
買い物したらレシートを渡されたり、銀行からお金を引き出したら通帳に記載されたりするのも「お金のやり取り」の「記録」です。

ブロックチェーンならこうした記録を管理者なしで正確に残していくことが可能です。つまり銀行も人も紙も不要ということです。
ブロックチェーンを使えば人件費や手数料や営業時間などを気にすることなくお金のやり取りができるので、より買い物や送金を自由に楽しめるようになります。

そして、記録を残すことに似ていますがもう一つブロックチェーンでできるのが「証明する」ということです。今までの「証明」は信用できる第三者によって行われてきました。例えば婚姻届は役所に出すことで行政が証明をし、会社の登記は法務局に申請することで証明されるなどです。
しかしブロックチェーンならこうした第三者なしでも、記録を証明することができます。契約内容自体を、不正や改ざんの不可能なブロックチェーンに記載することが何よりも証明になるのです。

具体的には不動産情報の記録・管理や、銀行での顧客資産の管理などにブロックチェーンの利用が期待されています。
現在の不動産売買の際は過去の取引履歴などのデータを集めたり、複数の役所に出向いたりする必要があるのですが、ブロックチェーン上に情報を加えて行けば一括で管理することが可能です。しかも、管理者不要のためコスト削減や手続きの効率化、不動産登記システムのセキュリティの向上にも繋がります。
銀行がブロックチェーンを取り入れれば、まず手数料が今よりも格段に安くなり、営業時間外でも振り込みなどができるようになるでしょう。

このように、ブロックチェーンは様々な分野で応用が考えられています。婚姻届や会社の登記、本人確認などの法的証拠としてブロックチェーンが認められるようになれば、今後の世界は大きく変わっていくでしょう。今まで紙やカードで発行されていたものはなくなり、全てインターネットだけで処理することができるようになります。
国の機関が全く不要になるのはまだまだ先のことでしょうが、その一歩は既に歩み出しています。ブロックチェーンの可能性は無限大なことがお分かりいただけたでしょうか。