「ブロックチェーンのしくみ」をお勉強。

記事一覧はこちら

 初心者向け・仮想通貨の基礎知識

初心者でも分かるブロックチェーン

ブロックチェーンのしくみ

ブロックチェーンはビットコインから誕生した技術ですが、今後仮想通貨以外にも様々な分野で応用が期待されています。仮想通貨を始めるならこのブロックチェーンを理解しておきたいところです。
インターネット以来の革命と言われているものなので、仮想通貨をする気がない人でも知っておいて損はないと思います。

ブロックチェーンとは超簡単に言えば、『みんなで監視して正しい記録を残すシステム』です。従来の『記録』と言えば、誰かが紙に書いたり、パソコンのサーバーにデータを残すことでした。しかしブロックチェーンでは、同じデータを複数のパソコンで持つことで管理します。
ある場所でデータが更新されればインターネットを通じて他の人にも伝えられます。1人が攻撃されてもほかの管理者がいるので記録は守られます。言わば、世界中にバックアップがあるような状態です。

ブロックチェーンの記録の正確さは、本人しか知りえない「暗号」によって成り立ちます。高度なセキュリティに守られた暗号です。
ビットコインの送金の際などには、ブロックチェーンが「これは本人しか知らない暗号を使っている。残高も正しい。」などと判断をして記録しているのです。

ブロックチェーンの過去のデータは改ざんができません
例えばビットコインの売買などの取引の記録を記載した「ブロック」(かたまり)があると想像してください。ブロックは約10分で新しいものが作られます。新しいブロックには、今までの全てのデータが記録されています。
つまり誰かがひとつのブロックの内容を改ざんすると、それ以降の全てのブロックの過去のデータを改ざんし続けない限りバレてしまうことになります。よって改ざんは実質不可能です。
新しいブロックをどんどん作って鎖(チェーン)のように繋いでいくので「ブロックチェーン」と呼ばれます。こうやって特定の管理者がいなくても自動的に正しい記録が残る仕組みになっています。

ブロックチェーンは全世界に公開されていて、誰でも見ることができます。ビットコインが国や銀行なしでも信用を得ているのは、このためです。
従来の『書類』『人』によって記録を残す方法よりも『暗号』『しくみ』で記録を残すブロックチェーンのほうがはるかに低コストで正確なのです。