「初心者はビットコインを買ってみよう!」をお勉強。

記事一覧はこちら

 仮想通貨の始め方

ビットコインを始める

初心者はビットコインを買ってみよう!

仮想通貨初心者なら、まずはビットコインを買ってみるのがいいと思います。ビットコインは一番最初に誕生した仮想通貨で、全てのアルトコインはビットコインを参考にして作られています。

また、ビットコインは時価総額が14兆円と仮想通貨の中ではトップです。時価総額とは企業の業績や期待値を反映したもので、絶対的なものではありませんが投資の際にはヒントになります。
例えば時価総額で企業を見た場合、世界第1位はアップル社で、日本の第1位はトヨタ自動車です。誰もが知っている大企業なので安心感がありますよね。仮想通貨についてあまり詳しくない初心者なら、この安心感があるビットコインがおすすめなのです。

ではここから、ビットコインの購入方法を紹介していきます。すべての仮想通貨は「取引所」と呼ばれるウェブサイトで購入できます。
初めに取引所に自分の口座を作る必要があるのですが、その際に必要なものは@自分の顔写真、A顔写真付きの身分証明書、のみです。どちらもスマホで撮影したものでいいのでとっても手軽です。後日、確認のハガキが簡易書留で届くのでこれを受け取れば取引所への登録は完了となります。
取引所によって若干の違いはありますが、だいたいこんな感じです。

登録ができたら早速ビットコインを購入してみましょう。ビットコインは500円から購入することができるので安心です。
例として、ここでは取引所・bitFlyerでの購入方法を紹介します。ビットコインを買うには、まずお金をbitFlyerの自分の口座に入金する必要があります。

ログインしてメニューの「入出金」をクリックすると、「日本円ご入金」の画面になります。そのページで振込元の銀行口座を設定します。この時に振込手数料が無料の銀行にしておくのがおすすめです。特に「住信SBIネット銀行」なら、手数料が無料かつ多くのビットコイン取引所と提携しているので口座を作っておくといいと思います。
銀行を設定したら、あとは近くの銀行やATMでbitFlyerの自分の口座に振り込むだけです。設定していない口座からは入金してはいけません。

これだけで簡単にビットコインを買うことができます。
注意点としては、住信SBIネット銀行を使うなら名義人は「5桁の番号+名義」とすることや、bitFlyerにはウォレットクラスとトレードクラスがあってコインの売買をするならトレードクラスにしておくなどがあります。これらのことに少し気を付けさえすれば誰にでもコインを買うことができるので、まずは気軽に少額から始めてみてはいかがでしょうか。
持ってもいない仮想通貨のことをあれこれ考えるよりも、実際に保有して当事者になったほうがグッと詳しくなれるはずですよ。